ペット保険は保険のビュッフェで相談をする事ができる?真相と必要性

ペットの保険もしっかりと考えておくことが重要!保険のビュッフェでの取り扱いは?

私が個人的に良いと思っているのが、ミニ保険でしょうか。

ミニ保険って、何か好意になった団体なりに寄付出来るのだとかに、ちょうどいい金額なんですよね。

生命保険のミニ保険というのは、30万だそうですが、一ヶ月900円で、一年で終わりです。

大体、一年で終わるようですね、ミニ保険。

これと同じくらいで考えて、ペット保険というのも実に良いと思うのです。

例えば、愛護団体から、10歳以上のわんこやねこちんをもらってきます。

で、ペット葬という特約があって、これは安いペット葬なら、元が取れるというシステムになると思います。

実際、いくらがペット葬になるのか調べてみないといけないので、安いペット葬を調べてみます。

30万以下なら問題はありません。

と調べてみると、長野で11000円ほどのペット葬というのがありました。

寺の僧侶は嫌いですし、永大供養墓代などを考えたら、大損です。

勿論、元が取れれば良いのですし、どこまでいっても、あくまで保険の話になっているのですけれど。

実際、ペットを、どこに埋めるかというのは、難しい話になってきます。

自宅の庭というのも手ではありますが、私としては市役所関係は、本当にいやです。

そう考えると、ペット葬が一番良いのだと考えています。

犬も猫も(ペット葬って、インコでも良いらしいのですが)、葬儀代を払ったら、埋める所を決めるのは可能なのかという事を知りたいのですね。

墓はいらないと思っています。

犬と猫は、年を取ると、飼っていて分かるのですが、大体、人間関係になれている場合が多くて、達観している場合が多いです。

そうなると、年寄り犬猫の方が、実のところ、距離感が甘えっぱなしでもないので扱いやすいというのがあります。

さらに、ペット葬専門ではなくて、ペット保険の特約に入ってるというものです。

因みに30万以内なら、それしか出ないのかどうなのかまでは分かりません。

ただ、私の気持ちとしては、お金にもなりますし、実際、愛護団体に入っていて、静かにしている犬猫って、最後まで私が面倒を見てあげたいt思うことが多いのです。

そう考えると、お金にもなって、と考えたら、良いと思います。

悪徳ブリーダーや、勝手にいぬを捨てる連中より、遙かに犬猫の最後を看取ってあげるというのは、良い事だと思います。

葬式はお金目的もあるけれど、現実的な場合もありますし、何よりも、犬猫が生きて言う間の事を考えると、大事な発想だと思います。

しかし、残念ながら保険のビュッフェでのペット保険の取り扱いは今のところありません。

今後、対応をするかもしれませんが、現時点ではみていですので、ペット保険は保険のビュッフェで相談をするのは難しいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*