生命保険はいざという時に必要になる!保険のビュッフェで相談を!

生命保険は絶対に必要!保険のビュッフェで相談をしよう!

やはり、一番嬉しいのが、生命保険です。

ご両親が優しい人なら、というより、普通に子供の事を考えてくれるのなら、子供は親に本当に頭を下げなくてはなりません。

ついでにいうと、沢山の生命保険をかけてもらえると、尚更、40から、子供は働かなくてもよいという部分があります。

そして生命保険は保険のビュッフェで相談をする事が可能になっています。

親にどれだけ感謝するべきなのか、私たちでは、何も言える事がありません。

さて、ここで、親が亡くなった際に、遺産分割になった時、保険金とマイナスの借金は別々に分かれるのか、相殺するのかというのが問題になってくると思います。

何かで見たのですが、死亡保険金を自分にしておいて、受取人を親にしておくと、受取人が親になっているので、やりようによっては(具体的には忘れましたが)、受取人を自分に設定出来るというものがあったと思いました。

これって遺産の問題になってくるんですよね。

保険と遺産は少し違ったと思いました。

生命保険は財産にはなりませんと何かで書いてあった気がしたので、調べてみようと思います、

もしかなうのなら、財産という名目で、親に生命保険をしておくという事も出来るので、働く必要はほぼありません。

ええと、特に保険に入っている人が、受取人を指定していない場合などは、本人の財産になり、この場合相続にはあたらない、という事だそうです。

という事は、沢山、生命保険をかけておいて、それを、なんとかして、親のものにしておいて、それで、親がなくなった時の財産にしておけば問題はないという事になります。

すごい話です。

これでは、外国人犯罪など増えるわけですよね。

うちの親父が悟っているのか、金を出さずに生活保護を受けろと息子に言うわけですよね。

というわけで、40に入った息子はひたすら親にありがとうありがとうと献身的に尽くすのが、一番良いという事になります。

では、どうやって、財産を受け取るべきなのかとという事なのですが、まず、親の名義にして、生命保険を入れなくてはならないのです。

これ以外の方法があれば、単純に親の相続に当たらない財産というものを作れば、自然と、入ってくるのですが、それが分からないというのが事実です。

私としては、親が寝たきりになって、介護するような状況になったら、それはやっておこうと思っているのですが、その前ではないと生命保険自体に入れないだろうなと思っているので、さらなる勉強が大事になってきますね。

親もどちらかというと、優しいので感謝しています。

やはり、まずは保険のビュッフェで相談をして将来に備えていくことが重要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*